【開運】神社・パワースポット 氷川神社(埼玉)

氷川神社

●超重要な首都の一宮、氷川神社の総本宮

大宮氷川神社(おおみやひかわじんじゃ)は、約2400年前(伝承)に出雲大社から勧請したとされる、古社中の古社。日本武尊が東夷平定の祈願をしたとされます。
現在の首都・武蔵国の一宮で、荒川流域中心に約280社ある、氷川神社の総本宮
首都に活力とご縁をもたらす、超重要な神社です。
初詣参拝者数は全国ベスト10に入り、200万人超が訪れます。
埼玉(出雲神語の幸魂・奇魂)、大宮(大いなる宮居)の地名につながる神社でもあります。
※一宮(いちのみや):旧国地域で最も格式の高い神社。
 武蔵国: 東京都・埼玉県(隅田川の西側)、神奈川県(北東部)

●出雲の家族神を祀る、縁結び神社

“国譲り”により、出雲系の氏族がこの地に移住して武蔵国造となったので、スサノオ命を中心に、出雲の家族神が祀られています。神社名も、近くを流れる暴れ川の荒川を、ヤマタノオロチを象徴する暴れ川・出雲のヒカワ(斐伊川)に見立てたもの。

出雲の夫婦・子孫(結婚・愛情)の神様で、武蔵国の強い土地神様(良縁・人生全般の守護)でもあるので、縁結び・愛情運や、周囲と協調して発展する仕事運など、ご縁と人間関係をベースにしたご神意に満ちています。

武蔵国一宮や出雲神など、地域・土地のご縁が強く影響する神社なので、東京・埼玉で生誕・在住・お仕事をされている方は、ぜひ優先してお参りをされて下さい。開運しやすくなりますよ。

大宮氷川神社
大宮氷川神社

氷川神社のご利益

・人間関係を円滑にして、人とのご縁を結んでくれる (縁結び・仕事運・結婚運・家庭運)

・道を切り拓く力をもたらす (勢い・活力・チャレンジ力・知恵・創造性)

・周囲と協調して発展する力、人間関係に恵まれる

●ご祭神

日本のキーとなる神様なので、少し詳しくご紹介します。

★須佐之男命 (すさのおのみこと・夫神)

 …大宮氷川神社(男体社)の主祭神。荒れすさぶ嵐、荒魂(あらみたま)を象徴する男神
  日本創生神・イザナギ大神の三貴子の末子で、天照大御神の弟、海原(地上)統治の役割。
  多面性を持ち、天界では子ども・凶暴・追放→地上では勇猛・知恵・英雄へと成長。
  神仏習合時代に牛頭天王(ごずてんのう)と習合。

荒魂は、神の魂のより根源的な「荒ぶる魂」そのもの。その荒々しさから、新しい物事を生み出すエネルギーを内包している魂。
それを象徴するスサノオ命は、道を切り拓く勢い・活力・チャレンジ力知恵と創造性でダイナミックな発展をもたらしてくれます。とても重要な神様です。
また、失敗から立ち直る力をもたらす、贖罪の神でもあります。

但し、愛をもって厳しい試練を与えるツンデレな神様の面がありますので、一見さんや他力本願な方には少し冷たいかも。。何度も参拝したり、ご縁が深くなってくると、強力なパワーをもたらしてくれますよ。

★稲田姫命 (いなだひめのみこと・妻神)

 …氷川女体神社(女体社)の主祭神。稲田を象徴する女神
  アシナヅチ命・テナヅチ命の末娘。手足を撫でるように大事に育てられた、稲田の意。
  スサノオ命に助けられ、須賀の地(現・出雲の須賀神社)で結婚。

ヤマタノオロチ(曲がりくねった斐伊川の氾濫)をスサノオ命が退治(治水・産鉄民を平定)して、稲田姫命(飲み込まれる稲田)を救う神話です。
スサノオ命は、穀物の種を持って地上に降り、稲田の女神と結婚。つまり、地上に稲作をもたらし、豊かな農業国を創った神。縄文から弥生時代への劇的な変革を彷彿させます。

スサノオ命と稲田姫命は、日本神話で最も仲睦まじい夫婦神結婚運・家庭運をもたらす、縁結びの代表的な夫婦神です。活力あるやんちゃな“種”とそれを包み育む“田”の夫婦なので、当然相愛なのですね。
また、稲田姫命との結婚で日本初の和歌を詠み、稲作と合わせて、文化の礎を築いた神です。

★大己貴命(おおなむちのみこと・子孫神)

 …中山神社(簸王子社)の主祭神。大地を象徴する、心優しき縁結び・協調・国作りの男神
  スサノオ命の6世の子孫。スサノオ命から与えられた試練を乗り越えて強さを手に入れ、
  大国主命(大いなる国の主、国土経営の神)となる。国譲りの後は幽界の主に。
  神仏習合時代に大黒天(ダイコク様)と習合。

  以下の多くの別名を持つ神です。名前の違いは神の働き(ご神徳)の違いを表します。
  ・大己貴命(同意名に、大穴牟遅神、大穴持命、大名持神、大汝命)
  ・大国主神(大国の王の意味) ・八千矛神・葦原色許男神(武神・強い男の意味)
  ・大國魂大神・宇都志国玉神(国の魂・開拓神の意味) ・幽冥主宰大神(幽冥界の主の意味)
  ・所造天下大神・杵築大神(出雲大社の旧名・杵築大社の神) ・大物主神(大国主神の和魂)

表の世界(顕界)に表れるコトは、恋愛も・結婚も・仕事も・お金も・家庭も・人間関係も、すべて裏側(幽冥界・お陰さま)でつながっています。そのため、裏側を統率する大国主命が、男女の縁に限らずあらゆるご縁を結ぶ縁結びの神、となる訳です。

氷川神社のパワースポット地点

大宮氷川神社のパワースポット地点を、一挙にご紹介します。

★表参道 (氷川参道)

さいたま新都心駅の近く、かつて宿場町(大宮宿)だった旧中山道の分岐点に、一の鳥居があります。

一の鳥居から北にまっすぐ2km続く参道。
直線の参道では日本一の長さで、緑豊かなケヤキ並木が続きます。

二の鳥居は、明治神宮の落雷した大鳥居を移築したもの。現存する木造鳥居では関東最大です。
二の鳥居をくぐった先、右側にあるケヤキの巨木にはパワーがあります。

大宮氷川神社
大宮氷川神社

三の鳥居をくぐると境内です。
摂末社がゆったりと配置されています。

大宮氷川神社
★神橋・楼門

神橋を渡った先にある、朱塗りの美しい楼門は、空気が変わる強い結界になっています。

大宮氷川神社
大宮氷川神社
★拝殿・本殿

拝殿前は、仲睦まじい出雲の家族神に相応しい温かい気で、心が和み、幸せを感じるパワースポットです。
流造の重厚な社殿で、明治神宮ともよく似ています。まずは、ご祭神に礼を尽くした参拝を。

大宮氷川神社
大宮氷川神社
★門客人神社 (もんきゃくじんじんじゃ)

 ご祭神:アシナヅチ命・テナヅチ命(稲田姫命の両親神)

原初的・男性的な強い気を放ち、直感が冴え渡る、強力パワースポットです。
縄文の神・アラハバキ神が「隠れ神」としていらっしゃいます。(詳しくは後述)

ここは凛とした強い気が満ち、壁一つ挟んだ拝殿側とは対照的にあまり人も来ず、静寂に包まれています。
原初の縄文時代をイメージしながら、グラウンディングするのに最適な場所です。

大宮氷川神社
★宗像神社・神池 (むなかたじんじゃ)

 ご祭神:多起理比売命、市寸島比売命、田寸津比売命
 (宗像三女神、女性性を解き放つ海・水・航海の女神、スサノオ命の子神)

神の棲む見沼の名残、神池に鎮座しています。
澄んだ池ではありませんが、水のエネルギーは清々しい、浄化スポットです。

江原啓之さんが霊能力を得た頃に、幽体離脱で降り立ち、とぐろを巻く巨大な龍神と遭遇した場所だそう。元は見沼の神を祀る大宮氷川神社は、水神・龍神スポットでもあります。

大宮氷川神社
大宮氷川神社
★稲荷神社

 ご祭神:倉稲魂命(うかのみたまのみこと、穀物の神・食物神、転じて商売繁盛の神。スサノオ命の子神)

稲荷信仰の方は、本殿参拝前に謙虚にご挨拶をすると、本殿ご祭神にお取り次ぎをしてくれます。
ただ、稲荷神社は相性を選ぶので、不穏に感じた方は無理に参拝するのはやめましょう。
また、ここの稲荷神社は厳しさと強さを持つので、あくまで謙虚に参拝下さい。

大宮氷川神社
大宮氷川神社
★その他の摂末社

・御嶽神社(みたけじんじゃ)
 ご祭神:大己貴命、少彦名命(国作りのペア神)

大宮氷川神社

・天津神社(あまつじんじゃ)
 ご祭神:少彦名命

大宮氷川神社

・松尾神社(まつおじんじゃ)
 ご祭神:大山咋命
 (比叡山の山神・酒造の神、スサノオ命の孫神、秦氏の氏神)

大宮氷川神社

・六社
 山祇神社(大山祇命)、石上神社(布都御魂命)
 愛宕神社(迦具土命)、雷神社(大雷命)
 住吉神社(住吉三神)、神明神社(天照大御神)

大宮氷川神社

・天満神社(てんまんじんじゃ)
 ご祭神:菅原道真公(学問の神)
 ※二の鳥居手前の参道右手にあります。

出典:開運の神社・パワースポット【関東編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です