胎児期退行(胎内記憶)


胎児期退行(胎内記憶)

1_54251e85719ea54251e8571a27

潜在意識に秘められている記憶から、今の人生の過去にさかのぼり、インナーチャイルドの癒しや、感情のブロックの解放を行っていく「過去退行ヒプノセラピー」。
その記憶をさらに、お母さんのお腹の中にいた胎児の時の記憶まで戻り、当時の記憶や感情を再体験しながら、より深い癒しを行っていくのが、「胎児期退行(胎内記憶)ヒプノセラピー」です。
胎児期の記憶は、アメリカの大学の研究機関や、日本でも専門医が研究を行っていることで、近年、大きく注目を浴びています。人はみな、胎児の時の記憶を持って、この世に産まれてきます。普段思い出すことができないのは、顕在意識の働きで自分を守っているからなのです。

胎児期の記憶を呼び覚ますと、自分がなぜこの世に産まれてきたのかを知ったり、自分の行動や思考に影響するバーストラウマや、両親の自分に対する想いを感じるなど、自分の本質をよりさらに知ることができます。
そして、その時の感情を追体験し、解放していくことで、現実に変化が訪れ、本来の自分らしく人生を歩むことができるようになります。

胎児期退行(胎内記憶)は、過去退行よりもさらに深く、潜在意識の中に潜むブロックや、自分の本質、生命の神秘に触れることができる素晴らしいセラピーです。
現在、医療や教育、心理学などの各分野から注目を浴びている「胎児期(胎内記憶)退行ヒプノセラピー」を、ぜひ体感してみてください。

予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加