人生の壁を越える

「百聞は一見に如かず」ということわざがありますね。

イタリアに行きたいけどお金がないAさんとBさんがいたとします。
Aさんは毎月の給料からイタリアの本や写真集を1万冊買い集めました。
Bさんは毎月の給料を貯めてそのお金でイタリアに旅行しました。

もしあなたがイタリアに行きたいと思ったときに、 AさんとBさんのどちらに教えてもらいたいですか?

言うまでなくBさんですよね?

時々「私はスピリチュアルの本を何百冊読んだから良く知っています」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
それだけ興味を持つのは素晴らしいことですが、
本を何百冊読むことと実際に体験することは全く違います。

私はお金がないから・・・と、
1500円の本を毎月1冊ずつ、2年間読むのと、
思い切って3万6千円払ってセミナーやセッションを一度受けるのとでは、
同じ金額でも雲泥の差です。


人生の壁には色々ありますが、
その中には、一瞬に凝縮してエネルギーをかけることでしか越えられない壁というものがあります。
50メートル走を地道にコツコツ走る人はいませんよね(笑)

そのような壁の場合、 お金に限らずエネルギーの出し惜しみをすると、
結果的に遠回りになってしまうことが少なくなかったように思います。

そのような場合、たいていは「絶対に越える!」というハラが決まっていません。

怖かったり、最初から無理だと思っているからハラが決まらず、
そのような恐怖に直面しないための道を選んでしまい、
ものすごく回り道になったり、ひどい場合には全く別のところに着いてしまったりします。

ハラを決めて全てのエネルギーをかけて超えてみましょう。
そうすることでしか見えてこない、次のステージにたどり着くことができますよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です