占いとスピリチュアルカウンセリングの違いとは??

最近良く、スピリチュアルカウンセリングと占い鑑定の違いってなんですかって聞かれます。
立ち話の範囲だと答えづらいのでこちらに書くことにしました\(^o^)/

占いとスピリチュアルカウンセリングは内容が違います。

占いは、「命(めい)」「卜(ぼく)」「相(そう)」などの三種類に分かれ、統計学のようなものです。

命(めい):四柱推命・紫微斗数・河洛命理・星平会海・奇門命理・太乙命理・六壬命理・七政命理・演禽命理・星座占い・占星術・西洋占星術・数秘術・九星気学・算命学・0学占い・六星占術・動物占い・誕生日占い・属性占い

卜(ぼく):周易・断易・梅花心易・六壬神課・奇門遁甲・太乙神数・皇極経世・ホラリー占星術・銭占・ルーン占い・タロット占い・ジプシー占い・ダイス占術・水晶占い・ダウジング・六爻占術・御神籤・阿弥陀籤・辻占い・花びら占い・えんぴつ占い・ジオマンシー

相(そう):姓名判断・手相占い・人相占い・印相占い・名刺相占い・夢占い・風水・ヴァーストゥ シャーストラ・家相・墓相

それに対して、スピリチュアルカウンセリングの一種である、アカシックレコードリーデイングは、アカシックレコードの情報を元にカウンセリングをします。アカシックレコードとは全宇宙で起きる、過去、現在、未来の出来事や、すべての人間の感情や想念が書かれている巨大な宇宙の記録層のことです。言い換えれば、全宇宙に存在するネットワークシステム、または人類の集合意識そのものと言えます。

占いとスピリチュアルカウンセリングの違いは、統計学などを用いて、いつパートナーと出会えるとか、いつ結婚できるとか、部屋のここに置くととかこの方角に行くと運気が上がるなどお客様を依存させてしまいがちな方法ではなく、霊能を用いた霊視や霊感を使うのでもなく、「アカシックレコード・リーディング」であなたの悩みごとなどに、今あなたに必要なメッセージを霊的真理を交えてお伝えするのと、そして自分でどうして行ったら良いのかをお教えするのがカウンセリングの内容となります。

あなたが自分の足でしっかりと地に足を付けて、本当の意味での幸せを手に入れてもらうためのカウンセリングです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です