【開運】神社・パワースポット 鹿島神宮(茨城)

鹿島神宮

●関東の東を護る、強力な開運パワーを持つ神社
鹿島神宮(かしまじんぐう)は常陸国(茨城県)の一宮(旧国地域で最も格式の高い神社)。全国約600社ある鹿島神社の総本社で、関東最古の神社です。 そして、香取神宮とペアで関東の東を護る、地域全体の守護神です。茨城県生まれ/在住の方は、どんな願いもまずはここから参拝・祈願しましょう。

創建は初代神武天皇が即位した紀元前660年。つまり、日本の皇紀と同じ創建2,673年(!)で、日本の歴史とともに現在に至る、古社中の古社です。
「神宮」と名のつく神社は今ではいくつもありますが、平安時代から伊勢の他に神宮と呼ばれたのは、鹿島神宮と香取神宮だけ。別格の格式を持ちます。

●日本神話最強の武神、勝利の神様・タケミカヅチ神
【ご祭神】 武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)
日本神話最強の武神、勝利の神。
雷神、航海を司る神、魔を退ける境の神。

「鹿島要石真図」
剣をもち大ナマズを抑えるタケミカヅチ神

鹿島神宮
香取神宮の経津主神(フツヌシ神・刀剣の神)とともに、天孫降臨に先立ち地上界に降臨。大国主命から国譲りの交渉を成功させ、圧倒的な強さで荒ぶる神々を平定された武神です。日本神話では、何度も国難を救う武神として登場します。
その強さや交渉力から、香取神宮とペアで「国家鎮護の軍神」、また「勝利の神様」「武術の神様」として、朝廷・武士の崇敬を受けてきました。
現代も、多くの武道場に鹿島大明神・香取大明神の掛軸やご神札が掲げられています。

出典:開運の神社・パワースポット【関東編】

広々とした大きな境内です。 本殿はわりと楼門から近いですが、奥宮や御手洗(みたらし)、要石までいくと広さを感じます。のんびりと自然の中に溶けこんでいきそうな雰囲気です。 鹿もいました。 国歌にあるさざれ石もあります。素敵なパワースポットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です