【開運】神社・パワースポット 江島神社(神奈川)

江島神社

●龍神をおさえる関東の要所で、修験道の霊地
江島神社(えのしまじんじゃ)は、厳島神社/宮島(広島)・竹生島(滋賀)とともに、日本三大弁財天の一つ。江ノ島全体が龍の巣ともいわれ、龍神をおさえる関東の要所です。

かつて江ノ島は修行の島でした。江ノ島最奥にある江の島岩屋の洞窟は、修験道の開祖・役小角、弘法大師空海、日蓮聖人などが洞窟に籠り修行したとされる、修験道の霊地です。

●弁財天と龍神の聖地
江戸時代までは弁財天を祀り、「江島弁天」「江島明神」と呼ばれていました。
江戸時代には、江島弁天(日本三大弁財天の妙音弁財天)への女性の篤い信仰が集まり、また、江戸庶民の参詣・行楽地として「大山~江ノ島~鎌倉~金沢八景」の観光ルートの流行もあり、江ノ島詣での人々で大変な賑わいを見せました。

●ご利益:人生の様々な願いを叶えるパワースポット
 ・金運アップ
 ・芸能・芸術的才能アップ(特に音楽関係)
 ・華やか・陽気になる、人気力アップ
 ・悪縁切り、厄落とし、災難除け

●ご祭神:宗像三女神(江島大神=弁財天)、龍宮大神
江戸時代までは、弁財天を祀る神仏習合の社でした。明治の神仏分離により、同一の神格とされた宗像三女神(むなかたさんじょしん)に変わっています。
弁才天は、ヒンドゥー教の芸術・言葉(弁才)・河の女神「サラスヴァティー」が、仏教・神道と習合した日本独特の神様です。日本では七福神の一柱として親しまれ、芸術・財宝・海上の女神として信仰されてきました。

出典:開運の神社・パワースポット【関東編】

●江島神社で開運のための「3つのポイント」

江島神社で開運のためのお参りには、3つのポイントがあります。

 ★1 手前の辺津宮だけでなく、奉安殿(弁天堂)・中津宮・奥津宮・龍宮もきちんとお参りする
 ★2 悪縁切りの名所なので、同行者とは別々に鳥居をくぐる
 ★3 最奥エリアは午後は陰の気が強くなるので、早めの時間にお参りする

最強パワースポットの奥津宮・龍宮をスルーされる方が多く、本当にもったいないことです。
すべてを参拝することで、バランスよく様々な願いを叶える運気をいただけます。
また、江島大神は華やかなエネルギーがあり、賑やかで明るい雰囲気を好む神様なので、お祭りなどの行事に参加するのもよいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です